上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のクリスマスケーキは、チェブラーシカの缶バッチが欲しくて、ドトールのミルクレープにした。


子供じみてる気もするけど、ロシアで制作されていた頃から
チェブラーシカは好き。
可愛いだけじゃないところがいい。


気が付けば、今年ももう終わり。
この2ヶ月は、色々と絶不調な日々だった。


ドラマも最終回に期待してたけど、『流れ星』の最後の最後は微妙だったし(あの終わり方は唐突過ぎる…)、
『フリーター、』だって、あんなに上手くいくのは一握りで、
あまりにもハッピーエンド過ぎないかな…。


朝日新聞で始まった『孤族の国』の特集を読んで 、
決して他人事ではないと感じる。
いつの頃からか、社会は弱者に無関心になった。
それとも、潜在的に昔からあったものが、
個が強調されるようになってから
際立つようになっただけなのだろうか。
身近にいる孤族の友人を助けることも叶わぬ。
どんな形であっても、この世に生きていて欲しいと願うのは、
エゴでしかないのだろうか。

Secret

TrackBackURL
→http://recordandmemory.blog118.fc2.com/tb.php/100-51ffff7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。